読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョージの毎日

一日一日が特別な一日

なんだかんだ言って僕はちゃんと生きています。

超真面目な雑談

こんにちは。何かと一か月以上更新をしなかった漢、ジョージです。

 

今日は・・・クリスマスですね。

実は真夜中に書いているのですが、

出来れば昼になんか記事を書きたいなと思ってます。

思っているだけです。

やるかどうかは別として

やらなかった時のために

皆さんが満足していただけるよう

この記事の内容を膨らませる必要があるなぁと思っています。

 

それではこの記事では僕の近況報告的な感じで

やっていきましょうか。

一つだけ・・・皆さんに謝りたいことがあります。

おととい・・・(12月23日)に

第三回全日本カラオケ道選手権大会が開かれていたんです。

その日は、大会に夢中になるあまり、

写真をほとんど撮らなかったり、↤バカ

っていうかほんとそれだけの理由で記事を書くことは断念されました。

結果だけ報告させていただきますと、

僕は二回戦負けでした。

練習の時の得点は、88点、89点、91点、

左から順に、奏で、奏で、ないものねだり、です。

奏では、スキマスイッチさんの奏で。

ないものねだりは、KANA-BOONさん。

と歌わせていただきました。

自分的には相当成長したと思います。

動画が乗っけられたら相当うれしいのですが・・・。

まあ検討中ってところがありますね。

っていうか、カラオケ大会の記事なのに僕の美声が聞こえない

書き方っていうのが、まず問題な気がしてきました。

ん・・・??待てよ・・・?

なんでカラオケ大会の記事なのに人が歌っている

動画が一個も貼り付けられていないんだ・・・?

と、いうわけで第一回、第二回と見直してみたところ、

大事な歌が聞こえない記事は書かないべきという

答えが導き出されました。

・・・・・・歌が聞こえなくても書きます・・・。

 

あと、最近すっごくうれしかったことといえば、

久しぶりに理科のテストで表100点満点、

裏50点満点で、150点をとったことです。

その日のコーラはおいしかったです。

 

と、いうかこのブログも書き始めて一年半がもう少しで

たとうとしていることが僕は不思議で仕方がありません。

というか、三日坊主の僕が一年半休み休みに

記事を書いてこれたのは、皆さん読者のおかげというのが

身にしみてわかる今日この頃です。

わかっていても一か月休むので、

僕はどうしたらいいのかわかりません。

 

あとは、片手で遊べるマリオ・・・といったらわかるでしょうか?

そう「スーパーマリオラン」です。

f:id:kaseinosyounen:20161225023512p:plain

僕もやっているんです。

簡単に説明すると、大人気ゲームスーパーマリオシリーズが

ついに片手でできるようになったというのが

売りのゲームです。

多彩なアクロバティックな動きには

もはや疾走感が見出せてしまうレベルです。

そんなマリオランは、1-3までは無料で遊べて、

1-4からは1200円払って、全てのコースが

解禁されます。

今日僕はやっと1-4まで来て、

1200円親に払ってもらったのですが、

コイン集めという要素がなかなか厄介で、

1-3までは三色のコイン全て集めています。

そのせいですごく時間がかかっているなんて言えません。

ちなみにこのアプリ入れたのは、一度目じゃないんです。

二度目なんです。

それで一度目は、課金してその次の日になって

弟の見せてあげようとして起きたらどうでしょう。

弟が起きると同時に1200円課金している

ゲームを消してしまっているではありませんか。

もはや言葉にもなりませんよ。

そしてもう一回入れて今の状況というわけです。

あれですかね?神様が課金はほどほどに・・・。

と教えてくれたんですかね?

それにしてもやりすぎです。

 

 

あとは、ここんとこのゲームで一番うれしかった事といえば

ずいぶん前に僕が記事で騒いでいた、

マインクラフトps版エディションの最新

アップデートが来たことです。

予想の通り、エリトラも追加されましたし、

以前のありえないくらいもろい船も、

今となっては頑丈な船にアップデートで進化したので

もう言うことはありません。

ちなみにずいぶん前に僕が記事の中でほざいていた

記事は下の記事です。

ありえないくらい記事記事いった文ですね。

意味わかんねえ。

 

kaseinosyounen.hatenablog.com

 

 

まあ今はこんなところで、僕がサボっていたら

サボんなハゲ!でもバカ!でもなんでもいいので

言ってくれると嬉しいです。

僕はまったく気にしないので背中を押してくれれば幸いです。

なんだこの甘えっぷりは。

それじゃあまた。