読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョージの毎日

一日一日が特別な一日

男子四人で手作りチョコを作る。 <前編>

ドタバタ_日常

こんにちは。ジョージです。

f:id:kaseinosyounen:20160902203212j:plain

僕の下にいるのはB君です。

今日の記事は友達と四人でやります。

その中にブログを始めた人がいるのでリンクを

貼っておきます。

(リンクは一番下です)

 

今日は、ジョージズキッチンを久しぶりにやろうかな・・・?

と思って最近ブログを始めた友達を誘ってみました。

ほかにも一緒にやりたいと言ってきた友達を二人誘って

計四人です。

ちなみにブログを書き始めた友達はラック君と言って、

顔出しがNGなのでゾンビの仮面をかぶっています。

f:id:kaseinosyounen:20160902203819j:plain

別にゾンビが好きだったわけではなく

ただ仮面がこれしかなかっただけらしいです。

そんな息苦しい仮面かぶらなくても俺の手によって

編集してやるぜ?といったのですが

断固、

「俺は仮面でいいよ。」と言ったので

 このままご紹介させていただきます。

 

 

それでは今日のお題を発表します。

・・・・・・・手作りチョコです。

バレンタインデーに貰ったチョコに

いかにホワイトデーで美味しい

チョコが返せるか・・・。

それがモテ男とモテない人の差だと僕は思います。

その時に困らないように

今日は皆でお返しチョコの練習をします。

 

 

・・・この記事を読んだ女子は

ジョージ君とラック君とA君とB君って陰で頑張って努力する人なんだ・・・。」

という風にモテる予定なので今日の記事は

僕たち四人がモテるための記事ですね。

 

 

 

では早速買い出しに向かいましょう。

f:id:kaseinosyounen:20160902204528g:plain

 ダダダダダダダダダダダダ・・・!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゼーハーゼーハー!!

・・・・・・この頃あまり空手に行っていないので

体力が大幅に落ちたみたいです。

(先生ごめんなさい・・・。)

僕の全力ダッシュは10秒ぐらいしか続きませんでした。

(もはやおじいちゃん並の体力)

そこで、

f:id:kaseinosyounen:20160902204755j:plain

ジョ「ラック!ファミマだ!!一分チャージ買いに行くぞ!!」

 

一分チャージとは

今僕の中でブームとなっているクーリッシュを指している。

・・・一口飲めば、30分はスタミナが減らない・・・。気がする。

 

ラッ「オーケー!」

f:id:kaseinosyounen:20160902204959j:plain

ジョ「ゴキュゴキュゴキュ・・・・・・。」

ラッ「・・・俺仮面してるから飲めねえ・・・。」

ちなみにその時僕たちが食べてた味は、

f:id:kaseinosyounen:20160902205115j:plain

クーリッシュのベルギーチョコレート味です。

 

 

 

 

と、いうわけでスーパーにつきました。

f:id:kaseinosyounen:20160902205235j:plain

ライフです。

では食品コーナーに行きましょう。

f:id:kaseinosyounen:20160902205503j:plain

偶然通りかかった野菜コーナーのキャベツが結構安かったので

へ~って思いました。

なんでこんなの撮ってんだ。

 

f:id:kaseinosyounen:20160902205604j:plain

ハロウィンの奴が発売されてました。

 

だからなんでこんなの撮ってんだ。

 

そして数々の寄り道・・・ゲフンゲフンネタ集めを終え

ついにチョコ売り場にやってきました。

f:id:kaseinosyounen:20160902205828j:plain

ミルクチョコレート98円。

今日はブラックチョコレートも買うので

ミルク3個、ブラック3個買います。f:id:kaseinosyounen:20160902205925j:plain

これだけで大体600円ですね。

f:id:kaseinosyounen:20160902210020j:plain

あとは三色チョコペンを買って飾り付け用のチョコを買って

お買い上げ終了です。

この記事に大体おこずかい700円ぐらい使いました。

代金は僕とラック君で割りカンだったので

1200円が600円になりました。

これって結構助かるな・・・。

そうだ二人でやればコストが二分の一になるのか。

などといろいろなことを考えながら帰宅。

 

 

 

f:id:kaseinosyounen:20160902210235j:plain

そしてまな板の上にチョコをおいて・・・・・・。

ちょっと待ってください。これってことわざになりませんか?

 

ジョージのことわざ第一

「まな板の上のチョコ」

~意味~

まな板の上のチョコのようになすすべなく

切り刻まれていくかのような状態。

手も足も出ない。

手もチョコも出ないともいう。

 

とか言いながらまな板の上のチョコは

粉になりました。

f:id:kaseinosyounen:20160902210443j:plain

・・・ブレッブレ!!

ごめんなさい。ちゃんと撮れていると思っていました。

そしてこれを湯せんにかけると・・・・・・。

なんと大変!湯せんにかけてる途中に焼却班がチョコに水を入れてしまいました。

(ラックと友達A。)

必死の水抜き作業の結果、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kaseinosyounen:20160902210749j:plain

乾いた牛のう〇こになりました。

なんでこうなったという暇もなく

ジョ「なんか・・・おいしそうだよ!」

無駄な言い訳をしながら次の

ブラックチョコレートの準備にかかりました。

実際味には全く影響しませんでした。

 

次はうまく行きました。

そしてその成功したチョコがこちら!

f:id:kaseinosyounen:20160902210930j:plain

どうですか?

それをハート型の枠の中に入れるとーーーー?

f:id:kaseinosyounen:20160902211015j:plain

なぜかハート型のう〇こになりました。

 

ジョ「見た目なんて関係ねえ!大事なのは気持ちだ!!」

ラッ「そうだそうだ!俺たちが2時間かけて作ったチョコがまずい訳ねえ!」

ジョ「よしみんな!俺たちのチョコへの気持ちを女子に判定してもらうぞ!」

みんな「おおおおおおおおおおお!!!」

ラッ「いくら季節外れのホワイトデーでも気持ちがこもってたら

   喜ばれるはずだ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

それじゃあまた。

 

~次回~

男子四人が気持ちを込めて作ったチョコは果たして

相手に伝わるのか!?

次回感動の一瞬!!

次回も見逃すなよな!

 

 

 

 

 

~最後に~

まだこのブログに読者登録していない方は

是非是非読者登録お願いします。

 

 

ラック君のブログ。

ican.hatenadiary.com