ジョージの毎日

一日一日が特別な一日

「君の名は。」すっげえ面白かった! <ネタバレ注意>

:注意:

この記事には若干のネタバレ要素が含まれています。

これから「君の名は。」(映画)を観に行く人だったり、

今はネタバレをされたくない人などは

ここから下の記事を余りオススメしません。

ネタバレされてもよろしい方はどうぞこのまま

お進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。ジョージです。

 

 

突然ですがみなさんは、

この映画をご存知ですか?

f:id:kaseinosyounen:20160829185455j:plain

そう。

 

映画「君の名は。」です。

2016年8月26日公開。

 

に公開されたのですが、今日観に行って来ました。

なので今日は「君の名は。」の感想を

記事にしてみたいと思います。

 

この映画のおおざっぱな内容は、

朝起きたら東京に住む少年と

ドが付くほどの田舎に住んでいる少女が

心だけ入れ替わっているという物です。

そしてある日を境に入れ替わりが止まってしまいます。

そしてどうしてももう一度会いたいと思った

少年が少女の田舎の場所を目指して

会いに行きます。

しかしそこに待つ現実は・・・・・・。

 

といった感じのストーリーです。

 

どこが良かったのか・・・。

そこについてこの記事で説明したいと思います。

まずこの映画を一本見るだけで

三個の気持ちを味わえます。

今回はその三個の気持ち一緒に

この映画の良いところを説明します。

 

一つ目はワクワクする気持ち。

なぜワクワクするのかというと、

他人同士が寝ている間に

入れ替わる・・・。ありきたりのストーリーですが

やはりこの部分を見ると

この先二人はどうなるのか・・・。

物語が始まるぞぉぉ!!

という心境になります。

 

二つ目はソワソワする気持ち。

そうさっきのネタバレで途中まで

言いましたがそこに待つ現実が

それはそれは、残酷な現実なのですが

そこは実際に劇場でどうぞ。

この所を見ているとき・・・。

本当に僕もソワソワしていました。

この部分からのいきなりの状況の

変化がとても見どころだと思います。

 

三つ目はスカッとする気持ち。

二つ目でも言いましたが、

本っ当にいきなり心情が変わります。

いやもう字の通りいきなり状況が変わります。

少し説明すると

それは少女には出来ないことが

とても大きい事で、

もはや取り返せない事なのですが

それを少年の方が解決していく・・・・・・。

という感じになっていきます。

バッドエンドかハッピーエンド・・・。

物語が終わるまでどう転ぶか分からない・・・。

これも大きな見どころだと思います。

 

こんなところでジョージの映画説明を終わります。

皆さんも良かったら見てみて下さい。

 

それじゃあまた。

 

 

 ~最後に~

 このブログにまだ読者登録、

していない方は是非読者登録よろしくお願いします。