ジョージの毎日

一日一日が特別な一日

夏休み自由研パート13 「<hr>の使い方」

こんにちは。ジョージです。

f:id:kaseinosyounen:20160810232623j:plain

今日も元気にプログラミングしていきましょう!

今日は<hr>タグの使い方です。

どうぞ!

 

・<hr>・・・僕が調べたときは

      こう書いてあるのですが、それがこれです。

      

      <hr>・・・水平線

 

      ん・・・?と最初は思ったのですが、

      その先の文を読んで具体的にわかりました。

      

ジョージが勝手に想像した<hr>の意味~

 

これは実際に書いてみて説明します。

まず誰かにメールをするとします。

その時には伝えたい内容が二つあります。

一つは、おいしいハンバーグ屋さんを見つけたから一緒に行こう。

二つ目は、今度うちで新しいゲーム買ったからやりに来いよ。

・・・の二つのことを伝えたかったとします。

仮にそのメールを実際に書くときに

プログラムで書かないといけないときに

使えるのです。

すいません。ややこしすぎました。

 

用は、ある一つのことについて話していたとして、

違う文章に行くときに使うタグです。

実際に書くとこんな感じです。

 

~実際に書いてみる。~

<p>(一つ目の話)</p>

<hr>

<p>(二つ目の話)</p>

 

と、こんな風に書きます。

こうしてみるとよくわかりますか?

まあ実際には目に見える変化はないのですが、

これがあるとコンピューターが

「これとこれは違う話なのか・・・。」

という風に受け取ってくれるタグです。

もしプログラムを書くときは、

一応付けとくと良いでしょう。

付けておいて損はしません。( ´∀` )

 

 

 

 

      <div>君「僕がこことここの間を柵で囲んどくね!」

      <style>君「じゃあ僕はその中に何か絵を書こーっと!」

      <bacground>ちゃん「後ろは私に任せてね!」

      <skyblue>さん「私から空色のペンキを提供しよう!!」

      <hr>さん「違う話題を始めるときはいつも呼んでよ?」

        

 

 

      ということになるのです。

      

  

これで今日の分は終わりです。

 

 

それじゃあまた。