読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョージの毎日

一日一日が特別な一日

嗅覚覚醒の術を修業した。

こんにちは。ジョージです。

今回は忍者編をやろうと思います。

前回の「武空術」では成功しましたが    

今回の修業は過酷を極めるものでした。

なずけて「地獄の嗅覚覚醒」

この修業を成功すると鼻が犬並に

良くなるらしいデス。

後人並み外れた精神力が身に付きます。

 

修業内容

1.いっぱい動いて汗にまみれた男を2人(自分を入れて)用意する。

2.それぞれの靴をだし一人ずつ両方を嗅いでいく。

3.苦痛

 

これが僕の挑戦する内容です。

過去にこの訓練に参加した人は

このようになりました。

f:id:kaseinosyounen:20150725060807j:plain

二人とも自分の洋服が臭くなって脱いで捨ててしまいました。

それほど辛い修業です。

「始め!!」

ジョ「・・・行くぜ!」

f:id:kaseinosyounen:20150725062115j:plain行ってみようよう見てようよう!

始めは楽だった。とても晴れ晴れしい。

しかし次の瞬間。

f:id:kaseinosyounen:20150725062239j:plain全ては変わり自分の汗臭さに負けた。

このように汗臭さの完全形態という感じでした。

続いて、友達の靴のにおいを嗅ぎます。

f:id:kaseinosyounen:20150725062435j:plain嵐の前の静けさ。

まさに”真の苦しみ”でした。

いつやるか決めるのも苦しい。

しかし!僕は覚悟を決めた!

f:id:kaseinosyounen:20150725062720j:plainぬがあ!!

スンスン

f:id:kaseinosyounen:20150725062800j:plainづがげえええええ!?

やばい。汗をメッサかいた後の小学生2人の匂い

は本当にやばいデス。

ということで修業は終わりました。

もう忍者マスターでよくね?

それほどの修業でした。

まさに”苦”との戦いでした。

修業が終わった後の僕です。

f:id:kaseinosyounen:20150725063532j:plain

ということで今日はこのへんにします。

ではまた。